ザ・チケット板の108さんレス集

惜しくも更新が停止してしまった”LOAスレのまとめ私家版”さんのまとめ形式でザ・チケット板の108さんの発言をまとめています。

108質疑応答 (2010/11/16の分)

Q:これは引き寄せ的にいうと願いを強く握り締めすぎて、叶わないパターンのはずではないのですか?

1910 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/07(木) 18:14:28 Td9byQ.U0
108さん、画家さん、賢者のみなさん、よろしくお願いします。
過剰ポや手放すについてイマイチわかりません。

「絶対に叶わないとヤダ!絶対に!絶対に!」と毎日のように思い、頭をキリキリさせてたのに
あっさりと願いが叶った事が何度もあります。何故でしょうか?
これは引き寄せ的にいうと願いを強く握り締めすぎて、叶わないパターンのはずではないのですか?
同じように強く思って全く叶わなかった事もいくつもあります。
叶ったときと、叶わなかったときの両者の違いがわかりません。
私からしたら、どちらのときも願望を強く握り締めていたと思います。

また、「別に叶わなくてもいいや。でも叶ったらうれしいかも」と思ってたら、やっぱり叶わなかった事もあります。
叶った事もあります。この場合も両者のときの自分の心理状態に、特に差があったとは思えません。

「手放す」の方についてはもしかしたら「叶わなかった」ときはうまく手放せてなかったのかもしれません。
でも「過剰ポ」のときはどの場合もそれこそ駄々っ子の如く強く念じてたと思います。
願望の時点では不可能と思えてたことが、全てが奇跡的に展開してあっという間に叶って自分でもびっくりし事があります。

どちらかというと私の場合は過剰ポでまくりだろうがなんだろうが、強く念じたほうが願望が成就する確立が高かったような気がします。
こんな私はどのようにアフォすれば良いのかわかりません。
これらの事についてお言葉を頂けたらうれしいです。お願い致します。

3344 名前: 108★ :2010/11/16(火) 02:46:11 ???0
こんばんは~。ご無沙汰しました。
すっかり寒くなってきましたが、風邪などひかないようにしましょう。
うがいと手洗いをしっかりやって、栄養と睡眠を充分に摂ることですよ!

>>1910 他

> これは引き寄せ的にいうと願いを強く握り締めすぎて、叶わないパターンのはずではないのですか?

あなたが考えるどんなパターンも、単なる概念化に過ぎない。

「強く握りしめると叶わないであろう」
「握りしめることを止めたから叶うはずだ」

これはあなたの中で概念化された単なるパターンに過ぎません。
つまり、実際の有様とは異なっている。
厳密に言うと、実際の有様を特定方向に当てはめて解釈し、都合良く定型化していようとしているに過ぎない。

強く握りしめても手放しても叶う。
強く握りしめても手放しても叶わない。

これではあなたにとって法則を類型化することは困難。
再利用できる形でパターン化できないとことになるからです。
しかしこの事実はあるひとつの真理をあなたに示しています。
それは、

「実現状態は、あなたが願望を握りしめるか否かに依存していない」

ということです。
何故なら、実現しているのは「あなた」というパーソナルな存在ではないからです。
そこには実現する能力など最初からありません。
それどころか、実現しない能力さえ持ち合わせていません。

敢えて「法則」という観点から考えてみます。
それが法則であるとするなら、あなたが握りしめたり手放したりすることによって、
その度に法則が都合良く変更されているわけではありませんよね。
上手く行ったり行かなかったりするのは、

「そのときあなたが法則に合致している状態かどうか」

という一点だけです。

法則はあなたというパーソナルな存在やものの見方によってねじ曲げられたりしない。
この「法則」を「真理」と置き換えても良い。
あなたの立ち居振る舞いによってなんとでも変わってしまうなら、それは法則とも真理とは言えません。

具体的に行きましょう。
あなたという個人的なサイドに実現能力はない。
それなら願望の実現について、そのパーソナルな能力を頼りにすることは得策ではない。

あなたにとって必要なことは、それを再現できるようにパターン化することではない。
それは構造上、今後もなかなか困難でしょう。
あなたがすべきことは、パターン化という無益な試みでエネルギーを浪費することではなく、
むしろそういった営みから一切手を引くということです。

それが「手放す」ということです。
そこではなんのエネルギーも用いられず、あらゆる意識的・無意識的な抵抗を解除することになる。

最後の質問について具体的に回答すると、
あなたは願望の実現と関係なく、ただ静かに瞑想する習慣を持つと良い。
これが唯一パターン化できる行動です。

ただし瞑想時には、願望実現のためのルーチンワークだという考えは捨てて、
ただ自分の中心を充分に経験するためだという態度で行ってみて。

これを習慣化したら、必要なアファメーションについてもその中心部で聞くようにして。
そしたらピンと来る形で自然に思いついた言葉をアファメーションとして使ってみて下さい。

瞑想を習慣化したら、アファメーションについては特に骨を折る必要はありません。
アファメーションは別にしなくても構いません。
必要なことは、願望を明確にしたら、あなたの中心部に対してリクエストするだけです。
必要なことはこれで全てです。

Q:どうしたら後悔を手放せますでしょうか?

1913 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/07(木) 18:38:17 t3fCw4JgO
108さん、板の皆さん質問させてください。
自分の行動にいつも後悔がつきまといます。
願望についても、ネガを紙に書き出していたら、
願望の実現よりも過去に戻って失敗をやり直したいのが本当の願望だとわかりました。
私が失敗や後悔を必要以上に恐れていることは親などからもずっと指摘されていました。
後悔が当たり前になっていて自ら後悔するような行動を取っている気もします。
どうしたら後悔を手放せますでしょうか?
わかりにくい文ですみません。


3345 名前: 108★ :2010/11/16(火) 02:48:10 ???0
>>1913

> どうしたら後悔を手放せますでしょうか?

今に生きることです。
そうすれば、あなたの思考は過去から自動的にパッと引きはがされる。

試しに今、

「過去も未来も実際には存在していない。
 それは私が今、頭の中で創り出している仮想現実に過ぎないのだ。
 その幻想にふけることを止めて、今という実際の瞬間をただ充分に経験しよう」

こう決めてみてください。

あなたの目の前には、後悔を要求する過去の現実なんて存在していません。
これは実際の有様です。
目の前の物や現象から特定の過去の記憶が想起されたとしても、
それは実際に今起きていることではなく、あなたが頭の中で今創り出している反応に過ぎません。

それらから一切手を引いてみる。
そして実際である「今という瞬間」に没頭することだけにしてみる。

別のアプローチについても書いておきます。

「私は何故、後悔したがっているのだろう?」

こう問いかけてみて。

あなたが「過去への後悔」という特定の行為に執着していることは事実です。
では、なぜその行為に執着しているのかというと、あなたが深い部分で、
それがあなたにとって利益になると思い込んでいるからです。

「過去への後悔が利益になるなんて、これっぽっちも思っていないよ」

あなたの表面的意識ではそう思っているでしょう。
しかしついついその行為を繰り返してしまうということは、
明らかにあなたの深い部分で「これは自分にとって利益になる」と思い込んでいるからなのです。

それが具体的にどういうことなのか分からなくて構いません。
「後悔が自分にとって利益になる」という条件付けが有効になっていることが分かればいいのです。

その上で、今後あなたが何らかの行動を起こすとき、
どうすべきかをあなたの中心部でその都度尋ねるようにしてみて。
その結果、依然として後悔するようなことになっても構わないから。

「私は今ここで、どう行動することが適切ですか?」

こうやってその都度中心部に尋ねるのです。
コツは、思考を使わないでただ中心部に尋ねて聞き耳を立てることです。
このとき中心部から返事が返ってこなくて構いません。
こうすることであなたは、習い性となった「後悔が有益である」というシステムを活用せず、
実際の適切性に叶った行動に対して、徐々に意識を向けることが出来るようになっていくはず。

必要なことは「私は過去の出来事に対して後悔しがち」という習性に注目する行為についても気にかけず、
それらと無関係に自分の中心部で適切性について興味を向け、期待し、意識していくことです。

Q:「不幸が大好き!不幸じゃないと落ち着かない!不幸なままでいさせて!」どうクレンジングする?

1935 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/08(金) 08:48:26 b7P8Lc7Q0
「自分は何でこの現実を望んでるんだろう…」って問いかけて
放っておいたら、「不幸が大好き!不幸じゃないと落ち着かない!不幸なままでいさせて!」って
凄い返答が(;´Д`)
こーゆー時、皆どうやってクレンジングしてる?
我ながら恐ろしい深層心理をしてると思った…
3346 名前: 108★ :2010/11/16(火) 02:51:06 ???0
>>1935

> こーゆー時、皆どうやってクレンジングしてる?

「どうして不幸が大好きなの?どうして不幸じゃないと落ち着かないの?どうして不幸なままでいたいの?」

こうやって不幸を求めている自分を認めた上で、質問攻めにして信念を解体していく。
これが一つ。

もう一つは「不幸にメリットなど一つもない」ということを心の底から理解し、
正反対のもの、つまり幸せに興味と関心を移していくこと。

上の回答でも書きましたが、あなたが不幸を求めているのは、
あなた自身が「不幸でいることは自分にとってメリットがある」と
心の奥底で思い込んでしまっているからです。

当然のことながら、これはあなたの本質、本来のあなたの望みとは一致しません。
そのように考えてしまっているのはエゴなのです。

あなたはこれまでの人生で経験したことや、両親や周囲の意見などを元に、

「不幸でいた方が何かと安全だ」

という間違った信念を保持してしまっているわけです。
だから、あなたがどれだけ辛い思いをしようが、あなたにとっては
「これで私は安全だ」
という状態だと認識されているのです。
裏を返せば、幸せで喜びを感じている状態というのはあなたにとっては危険なことなのです。
だから、なるべくそれを回避するような行動を取ってしまう。

この不具合を解消するのは実は簡単です。

「不幸は安全だ。出来るだけ不幸な状態を維持しなさい」

こういった根本的な指令を出しているのはあなたのエゴなわけですから、
単純にエゴを活用しないようにすればいいのです。

具体的には、

「私が本当に望んでいることは何?」

このように問いかけてみます。
このとき間違っても、思考を活用してエゴの解釈を採用しないように。
問いかけるのは自我の表面意識に対してではなく、あくまでもあなたの中心部に対してです。

返事が返ってこなくても構いません。
必要なのは問いかけ続けることです。
あなたが自分の中心部に対して問いかければ、
その答えは「幸せであること」以外にあり得ません。
「不幸であること」などという、エゴ特有の捻くれた解釈など生まれようがないのです。

こうやって折に触れ、自分の中心部で聞くことを習慣化していってください。
そうすれば、あなたは絶えず本来の自分の立場から物事を見ようとしていることになり、
不都合や不幸・不具合を求めるようなエゴの志向性は徐々に活力を失っていきます。
それは同時に、本来の自分の望みである「幸せ」に対して、絶えず関心と興味を向け続けるという矯正作業にもなっているのです。

正しい答えを得たければ、より大きな観点に譲ることです。
すなわち、あなたの中心部を積極的に活用するということです。

Q:本当に意図→結果→原因の順序なんですね

1943 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/08(金) 14:52:08 ETvNOgP.O
108さんの仮説男の記事からすると、法則そのものが固定のものじゃなくて内面によって法則が影響を受けるみたいな事を書いてたから、誰にでも普遍的に通じるやり方はないんだと思いますけどね。因果関係で論理的に説明てのは難しいんじゃないですか?むしろそうなったという因果を紐解くのではなく、最初から結果になりなさいって事を108さんは説いておられるように思うんですが。


1947 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/08(金) 16:56:53 9AeK3.vsC
原因とか理由って、結果(現象化)が起こってからエゴが焦って組み立ててますよね。
本当は魔法みたいにポンとホールケーキが出現してるはずなんだけど、それじゃ納得いかないっていいんで、そういや明日は弟の誕生日だから母親が
買ってきたんだろう、とか洋菓子店で働いてる友人が売れ残りを届けてくれたに違いない、とか勝手にエゴが理由を編み出してるんですよ。
ここ最近の引き寄せ体験を通してこういう思考の流れに気付きました。
本当に意図→結果→原因の順序なんですね。これを踏まえると現象化のプロセスを一切考慮しない「何故だかわからないが」が最強呪文のような気がします。


1948 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/08(金) 17:29:17 DrqiQykc0
つらいよー
願望とは反対のことが現れまくる
なんでだあああああ
でも心のどこかで「こうなったらやだな」と思っていた現象な気がする
こうなってほしいな、は一向に叶わないくせになんでだああああ
3348 名前: 108★ :2010/11/16(火) 02:53:09 ???0
>>1943

そのとおりです。
方法論に手を焼くくらいなら、そこを都合良くすっ飛ばしちゃえば良いんです。
つまりは直結です。

>>1947

これもお見事。
実際に起きているのはそういうことです。
エゴの解釈でいうと「魔法のごとく」全てが瞬時に出現している。
というか既にある。
これが実際の有様です。

エゴはこれを自ら納得して解釈出来る形に、出来る限り引き延ばして認識しているに過ぎない。
合理的な解釈が成り立たなければ認識出来ない。つまりは知覚できないわけです。
これに知覚できる可能性を与えるのが「合理的でない不可思議な現象」、
つまり「なぜだか分からないけどそうなった」という解釈なわけです。

>>1948

あなたはご自分で答えを書いていますよ。
願望と反対の現象化が起きるのは、あなたが「こうなったら嫌だ」と感じているからです。
そうやって思考と感情でもって「起きたら嫌なこと」にフォーカスしているからです。
つまり、単純にそれを止めればいいわけです。
ですが「起きたら嫌だ」と感じていることを「そう思わないようにする」というのは困難です。
これでは逆に、より望まないことにフォーカスしてしまいかねません。
だから「望まないこと」ではなく「望むこと」により興味と関心を移していく方が良いでしょう。
思考と感情のエネルギーをそこに集中して向けるようにするのです。

逆に捻くれた方法としては、望んでいることを「こうなったら嫌だ」と感じてみる。
仮設男的ですが、あまりにも意図したことと逆な現象化が起きているなら、試してみる価値はありますよ。
逆方向から感情的に注目することで、連鎖的になっているそのシステムを解除できる可能性があります。

いずれの場合でも深刻になりすぎないで、気楽な気持ちで試すことが大事です。

Q:全てが既存の108理論や「引き寄せの法則理論」では説明できるわけではない

3347 名前: もぎりの名無しさん :2010/11/16(火) 02:52:20 U6QuZ6SY0
108さんみっけ!!


1949 名前: 1910 :2009/05/08(金) 17:59:05 Td9byQ.U0
たくさんのレスやご意見ありがとうございます。

>>1933

>アファしたら→叶った!
よしよし、これは使える!
で、次にアファしてもそんなに効果がでない。
この現象をよく見ます。
方法が何かを齎す条件に使われたからでしょう。

これらは私が「引き寄せ」など全くしらない頃からありました。
アフォしたら→叶った!
アフォも何もそんな発想自体ありません。

>予想ですが、「願望を強く握り締めていたのに願いが叶った」現象の場合
「思いがけないところから話があった」とか、想定外の叶い方はしてない
のではないのでしょうか?

いいえ、違います。1910の私のレスをもう一度お読みいただけますか?
全く未知の領域から話が転がり、願いが叶いました。
それはまさに奇跡、導かれた、神の采配?という方法です。
しかし、これは私にだけ起こった稀有な現象ではありません。
特別な事ではないです。
みなさんも遠い昔や過去の自分を思い返してください。
普通に生きてれば一度や二度は誰にでもあるはずです。

「願望を強く握り締めていたのに願いが叶った」
「不足感から来る願望さえ叶った」
「ネガティブな行為からポジティブな結果を持ってきたこと」が。

そしてそのとき「引き寄せ」の存在や発想などみじんもなかったのに という事が

>>1937 握り締めていながらも無意識に手放して神様にお願いしていたんだと思います。
↑今思い出すと、自分の力ではなく神様がどうにかしてくれるという確信がありました。

1933さんのそのケースの場合ははそのときそう思う事ができたのでしょう。
しかし、私が問うているケースの場合は違います。何度思い出してみても一瞬たりとも神様に委ねはしなかった。
勿論1933さんのケースのときのように握り締めながら神様におまかせして叶った事もあります。
いわゆる神だのみってやつです。無宗教な人間でも土壇場になればだれにでもおこる感情です。
しかし、神様に任せられない願望を抱く事も誰にだってあるでしょう?
それこそ悪魔がいるなら悪魔との契約すら辞さないと思えるほどの強烈な願望が!

「神様におまかせ?冗談じゃない!そんなあやふやでは困る!絶対に!絶対に!叶えてください!
あのときの願望は…、そりゃ叶って欲しかったけど…、まあどちらかというとどうでもよかったともいえる。
でもこの願いだけは叶わない世界なんて断固お断り!だって、困るんだ!私が!」
と いうくらいの感じです。脳から血管ふきだしそうでした。
そしてこのときは「引き寄せ」なんて知りませんでした。
結果は何度もいうように奇跡的な現象がおこって叶いました。
神の望みと私の願望が一致した としか思えないほどのミラクル現象です。

条件付けもなにも「引き寄せ」など何も知らなかった頃の事です。
そして人間とは良かった事は忘れ、悪かった事はいつまでも覚えているものです。
私も願いが叶ったときはあれほど感謝していたのに、新しい願望が生まれれば
以前願いが叶った事などすっかり忘れてます。
「何故私の願望が叶ったか?」というメカニズムが解明されてたならそれに従ったでしょうが、
「引き寄せ」なんて発想自体がないので、以前願いが叶ったときの方法論は…なんて思いもしません。

これらの事は私にだけおこった特別なことではありません。
みなさんにも過去に必ずあるはずです。
「引き寄せ」なんて知らなかった幼き頃からつい最近まで。
「引き寄せの法則」や「「チケット」で説明される事とは違う現象が。

レスをもらった方の中には「引き寄せ」の固定概念にはまってカチカチになっている方もいる、とお見受けしました。
もしあなたの願いが叶って「引き寄せ」は今までの理論で万事OK!自分は叶った。問題はない。
とおっしゃるなら「それはおめでとう。ようございましたね。祝福します。」
という言葉を贈ります。

しかし、108さんの言葉を賜り、「チケット」を聖書の如く持ち歩き、お行儀良くそれらの言葉を実践し、神さまにバカに
なったつもりでお願いして、それでも、それでも叶わない。という人もたくさんいるははずです。


1950 名前: 1910 :2009/05/08(金) 17:59:54 Td9byQ.U0
続き

鳥やチケットや水で「チケット」を手放す事の意味を説明できるのに、「手放してない」のに願望が叶った方を同じように
説明できなのはどう考えてもおかしい。
それなら最初の前提、鳥やチケットの喩えが間違っているのではありませんか?最もらしく聞こえるけど。詭弁では?
説明がしやすいように、都合よく事実の方を捻じ曲げるのはフェアではないのではないですか?
(あなたは願望を強く握り締めていると思っていたけど、深層心理では実はちゃんと手放していた、など)
》1945
いえ違います。自分の都合の良い解釈のために、私の方の内面を捻じ曲げないでください。
何度もいうように私は強く握り締めていました。1分の隙もないほどに。
そしてこれは誰にでもある、あった事です.


「チケット」を手放すというのはこの「引き寄せ理論」において最も重要な根幹ともいっていいようなこと。
ここを見過ごして、見ないようにして、願いが未だ叶わないと嘆く人たちは本当に叶うといえますか?
私は引き寄せを否定してません。引き寄せ理論を知る前、確かに願望を引き寄せた。引き寄せられなかったこともある。
しかしその全てが、既存の108理論や「引き寄せの法則理論」では説明できない。
願いが叶う というのはおそらく「チケットを手放す」とかそういった簡単なことではないはずです。
もしくは“簡単なことだけでは”
しかしそれはきっとシンプルです。世の中って複雑にみえて案外シンプルですよね?
シンプルに見えて実は複雑というのも良く聞くはなし。

ここにいる全ての人の願いが叶えばいいと思ってます。私も含めて。

文章長く、所々重複していてすみません。なるべく誤解のないようお伝えしようとしたらどうしても長くなってしまいます。


1963 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/08(金) 22:01:38 aZqhMOccO
1910さん
「脳みそから血管噴き出すほど」というのは、ポイントのような
そこでパラレルシフトしたのだと思います。
チケットは、いかに「願望している自分」から「逸する」か?というテクニック集ではないかと。
論理的に「逸する」面白さがあります。
手放すのもいわば「願う主体の解体」が目的なのです。
噴火して発狂するほど願ううちに、ゲシュったのでしょう
つまり「ゲシュタルト崩壊するほど叩き込め」も使えるテクニックになります
あと「叶わない世界」という、もっともイヤなものをむしろ用いて、発狂を高めると、クレンジングもできて便利
大変参考になりました
まあ「こんなん詭弁じゃあああああああ、叶えへんのじゃああああ」と、やりつくすのもテクニックのひとつ。なにか変わるかもしれません


1966 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/08(金) 22:33:05 t7FXMCcA0
>1950さん

私もうまく説明できませんが、同じ事を考えていた頃があります。
過去の出来事を思い返すと、何もしていないのに奇跡的に叶っている。

「自分が自分の世界の創造主であり、願望は必ず叶う」という事を知らなかったからだと思います。

だから、「願望が叶うために」手放したりしてませんでした。
本当に心から手放してました。例えば…もし運命の相手ならまたきっと会えるだろう…という様な。


あきらめられない時も、「自分で叶えられる」とは知らないのでコントロールしようとは思ってもいませんでした。

握っていても叶った。
それはおそらく、エゴがコントロールしようとしていないからだと思います。
今、引き寄せを知った事については、コントロールする為でなく仕組みを知っただけと思った方が良いと思っています。


そうやって、この方法で叶えようと思ってしまうのはすべて、仕組みを知ってしまったから。
自分で叶えられるのだと知ってしまったから。
エゴはそうと知ってしまったからには自分でやろうとしますよね。

でも、実際には何も出来ない。本当に現象はコントロール出来ないです。それは充分に実感しました。
コントロールしようとすればする程出来ないと知る。すべてお任せが良いと思います。


ただ自分の事はコントロール出来るようになりました。
気づいたら叶っている事だらけです。お任せしておけば叶っています。
心地よくいられたらそれで良いのだと思います。

108さんが、たくさんの事を教えてくれているのは、きっとそうやってコントロールする為ではありません。

それがある事(すべて叶っている)を知ったなら、安心して今を生きて下さい。
という事を何度も違う言葉で教えてくれているのだと感じています。

私の考えですが、方法を分析しない方が何かとうまくいくと思いました。
長文申し訳ございません。


1951 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/08(金) 19:40:49 7Xm.NgK2O
なんか熱いところ横から申し訳ないですが
>>1943さん、自分はまさに今その壁とぶち当たってます>内面
自分にとっては、ですが
108さんの仮説男の記事の該当部分は肝だと思ってます
ただ、難しいのは、その内面を調整せずに先にそのものになる
という事です
顕在意識で感知できない程の自己実現否定などの潜在意識が
巣食っていた場合、それを押して“そになる”は可能でしょうか
潜在意識の反発はないのでしょうか…
自分は今地道に(色んな手段で)内面修正していくしかない状態です…


3349 名前: 108★ :2010/11/16(火) 02:56:16 ???0
>>3347

みっけられた!!

>>1949-1950(1910さん

もうちょっと補足しておきます。

「手放す」というのはテクニックではないのです。
これを一つのテクニックとして捉えると、あなたが言うように上手く行ったり行かなかったりする。
重要なことは、別の領域、神、その他表現はなんでも良いのですが、
その可能な領域に願望が渡っているかどうかだけです。

別の観点から言うと「叶った」「叶わなかった」という点に拘りすぎると、
願望は叶ったり叶わなかったりするものだという属性をより強固にしてしまいます。
(あくまでもあなたの中で)

あなたがこういったテクニックを一般化して普遍化したいという気持ちはよく分かります。
ところがそこに拘りすぎてしまうと、願望は実現するものだという観点からはどんどん離れていってしまいます。
つまりは本末転倒なわけです。

だから必要なことは手綱を緩めることなのです。
どうせ自分サイドに実現能力はないのだと諦めれば、どのようなメカニズムで実現しようが、実現すればそれで構わないという立場に立つことが出来ます。

実現方法についてあれこれ心を砕かなくてはいけないという労苦からも解放されることになる。

そうなれば、願望についてもっと気楽でポジティブな立場から関わることが出来るようになるのです。

別の角度からの>>1963さんのアドバイスも大変素晴らしいですよね。
参考にしてみてください。

>>1966さんのレスも非常に素晴らしいです。
これは>>1950さんの問題提起とは関係なく、単独で読んでも極めて参考になる部分がたくさんあります。
皆さんもぜひもう一度、いや何度でも繰り返し読んでみてください。


>>1951

> ただ、難しいのは、その内面を調整せずに先にそのものになるという事です

難しくありません。難しいことにしてしまわないで。
「なる」というのは、そのしち面倒くさくて難しいプロセスをすっ飛ばすということなのです。
バイパスするのです。どうせ無駄なプロセスなんですから。
それを「無駄じゃない」と思っているのはエゴだけです。

Q:なんで他の人には法則が好都合に作用し、私は不都合として作用しているんだ?

3350 名前: 108★ :2010/11/16(火) 03:03:07 ???0
>>1910さんのレスについて、重要な部分だと思うので、
しつこいようですがさらに補足回答しておきますw

1910さんの問題提起は、非常に意義のあることだったと思います。
同じように感じている方もいるだろうし、私自身も幾度となく同じことを経験してきました。

以前、仮設男の時に指摘した部分にもつながるんですが、LOAを「法則」と捉えることで、がんじがらめになってしまう場合がある。

「なんで他の人には法則が好都合に作用し、私は不都合として作用しているんだ?
 こんな法則認められるか!」

といった具合です。
法則と言うからには絶対的なものであるはずなのに、人によって作用の仕方が異なる。
これを矛盾や不条理だと感じてしまうわけです。
ところがこういう人は、自分自身の観点とスタンスについて都合良く無視してしまっています。

法則は絶対的で揺るがない。にも関わらず現象化が異なるのは、その人が望む現象化とは逆の方向に向けて法則を作用させているからです。

仮設男ではこの部分を係数という形で説明しました。それぞれの内面は異なるから、法則は同じで望む現象化は同じでも、内面が異なれば係数も異なるはずだ、というのがその主旨でした。

この時の理論を108的に説明すると、次のようになります。

「あなたの内面を変更する必要はない
 あなたはあなたのままで良いのだ
 願望も変更する必要はない
 その願望はその設定のままで良いのだ
 必要なのはあなたのスタンスを変更することだけだ
 それは単に「立ち位置」を変更するようなことだ
 あなたの立つ位置が変われば、影の出来る場所も単純に変わるように、
 あなたは立っている場所を願望実現に適した場所へとちょっと移すだけで良いのだ
 太陽は誰に対しても同じところからあなた方を照らしている
 あなたがいくら強く願ったとしても、太陽の照らす方向があなただけに都合良く、
 即座に変更されるようなことはない
 わざわざ敢えてそんな困難な選択をしなくても、
 あなたがほんのちょっとだけ立つ位置をずらすだけで事足りるのだ」

(つづく)

Q:どうしたら上手くいくんだ、ちっとも上手くいかないじゃないか

3351 名前: 108★ :2010/11/16(火) 03:03:54 ???0
(つづき)

仮設男のアイデアは、端的に言うと
「ちょびっとだけずらせば上手くいくんじゃない?やってみそ?」
という提案です。
自分にとって最適になるように、試しに立ち位置や身体の向きをちょっとずらしてみ?ということなのです。

ところが「なんだよこの法則!」とお怒りの方は、常に
「どうしたら上手くいくんだ、ちっとも上手くいかないじゃないか」
という立場から法則やメソッドを捉えてしまっています。
これでは「上手くいかない立ち位置」にロックされたままなのです。

この場合、各種メソッドの実行は困難と抵抗を伴います。
望みと逆の結果を得たり、ちっとも成果が出なかったりします。
立ち位置をロックしたまま、内面や法則を変更しようとしているようなことだからです。

内面は変更されることなど望んでいません。だから抵抗を伴います。
法則は変更など出来ません。だから悪戦苦闘するのです。

必要なことは、立ち位置をほんのちょっとずらすだけのことなのです。
それが「上手くいく」という観点から物事を捉えることであり、
ワクワクに従うことであり、楽観的な視点で充足に目を向けるということなのです。

これは内面の変更ではありません。
単に視点、立ち位置をずらすことに過ぎないのです。
このことになんの努力も力も要りません。
視点を変えることにエネルギーは一切用いられないからです。
あなたがそのときエネルギーを使ってヘトヘトになるようなら、やり方を間違っています。
それは立ち位置は変えないで、内面や法則の方を変更しようとしているからなのです。

メソッド自体に何らかの力があるのではありません。
それは視点や立ち位置をずらすための単なるキッカケに過ぎないのです。
視点をずらすことが目的であって、メソッドが目的ではないのです。

上手くいかない人は立ち位置をロックしたままメソッドを実行し、願望の実現を期待します。
この場合、メソッドに何らかの独立したパワーが必要になってくる。
ところが既に述べたように、メソッド自体にはなんのパワーもないのです。
だから「どうして上手くいかないんだ!」という事態を経験する羽目になる。
当然なわけです。

あなたが上手くいきたいのなら、視点や立ち位置のロックを解除することです。
つまり、

「全てのことは、私が思っているのと実際の有様では全然違うかもだぞ」

という興味と関心を持ってみるということです。
全てのことに対して、従来の偏執狂的な視点を解除することです。
これによって、メソッドはトリガーとして機能することが可能になる。
それどころか、ロックが解除されればメソッド自体が不要にさえなります。
あなたがそういった興味と関心を持てば、立ち位置は即座に適切に修正されようとするからです。
「直結」「なる」もこのメカニズムなのです。

繰り返しますが、これらのことに力は一切用いられません。
むしろ無益に使っている一切の力を抜くことになる。
これが抵抗を止めるということであり、森羅万象と調和するということなのです。

もう一度いいます。力は一切用いられません。
力が用いられていると感じたら、それはやり方を間違っているのです。
それを指針としてください。

Q:好きな人から告白される気配はないのに、好きでもない人から告白されました

1952 名前: もぎりの名無しさん :2009/05/08(金) 19:55:39 xDRfqiJo0
好きでもない人から告白されました。
今までも、なんとも思っていない人から想われる事はよくありました。

好きな人とのイメージングをずっと頑張ってるのに、こっちはさっぱり叶いません。
よく眠ってしまって、あまり真面目にはやってはいませんが…。
なんでなんでしょう??


3352 名前: 108★ :2010/11/16(火) 03:06:17 ???0
>>1952

> 好きな人とのイメージングをずっと頑張ってるのに、こっちはさっぱり叶いません。
> よく眠ってしまって、あまり真面目にはやってはいませんが…

…どないやねん!という感じですがw

> なんでなんでしょう??

頑張らないでイメージングしてみて。
あなたが頑張ってしまうのは、

「あの人がどうしても良いんだ!あの人以外はダメだ!」

と、その人に酷く執着してしまっているからです。

「あの人以外はダメだ!」

と強く思うと、

「あの人以外はやっぱりダメだ!」

という現実を引き寄せてしまいます。
それによって、

「やっぱりあの人がどうしても良いんだ!」

という感情を強く経験することになる。
このパラドックスがお分かりでしょうか。

特定の人と上手くいきたいのなら「あの人以外はダメだ」とは考えないことです。
「あの人と上手くいけば最高だけど、そうならなくても別にいいや」
というところまで持って行ければベストです。
前にも書きましたが、このメンタリティは願望実現という観点では完璧だからです。

Q:

3353 名前: 108★ :2010/11/16(火) 03:06:50 ???0
それでは、また…
ノシ
Web Hosting